About "Los Komokas"

ベネズエラ音楽ユニット『Los Komokas(ロス コモカス)』。 2008年、YUH、きたむらん、タカ、サチの4人で『Bunny to Komoka』を結成。翌2009年3月には京都のライブスペース"アウノウン・パーラー"で初の自主ライブを開催。2009年11月に『Los Komokas』に改名。

ベネズエラ音楽をメインにするユニットが数少ない中、少しでも多くの方にベネズエラ音楽に触れる機会をと、アットホームなライブを目標に、関西を中心に演奏活動を行っています。

Myspace.comでライブ音源などが視聴いただけます。

「ロス コモカス」のマイスペース・プロフィールページへ

メンバーのご紹介とユニット名の由来発覚!?

About "Venezuela Music"

ベネズエラには固有楽器が数多く、中でもクアトロ(4弦小型ギター)、マラカス(一般的に知られているマラカスとはちょっと形が違う)、アルパ(ハープ)などが有名です。

楽器と同様に独特のリズムも多く分布し、それぞれ名称がつけられています。

  • ホローポ=6/8拍子
  • メレンゲ=5/8拍子
  • ワルツ(バルス)=3/4拍子
...などがよく演奏されています。
多様な楽器で演奏されるこれらの独特なリズムは、多くの人々を魅了する特別な力さえ感じさせます。

僕自身のベネズエラ音楽との出会いは、幼い時に父から聴かされた、ギターで演奏されるベネズエラン・ワルツのレコードでした。 クラシックギターの中でも、甘美で個性豊かで、独特の間や風味があり現在でも様々な演奏家達によって表現されています。

また、ベネズエラの伝統音楽が近隣諸国や日本でも演奏されているのを耳にすることがあります。特にベネズエラに古くから伝わる「君の影になりたい」と和題されるワルツ曲がポピュラーな存在であると感じます。
(By YUH)

ベネズエラ音楽ワークショップのサイトへ 「ロス コモカス」のマイスペース・プロフィールページへ 民族ブラス楽団「ラ・バンダ・ミ・レイナ」のサイトへ